七輪の取り扱いのご注意事項


「太成工業株式会社」の七輪をご愛用頂き有難うございます。
次のご注意事項を一読の上、ご安心してお使いください。

  ■七輪の取り扱いについて

      換気を充分にして下さい



七輪使用中は1時間に2〜3回の換気をしてください。
特に通風口を閉じたまま、長時間使用すると、一酸化炭素の発生量が多くなりますので、換気が必要です。

移動の場合は、厚手の木綿の手袋を使用してください。つるは持たないほうが安全です。
使用中は 七輪の金具等が、高温になっておりますので、触れないように注意してください。

使用後は、完全に火が消えたことを確認し、また七輪も冷えてから、灰を捨てたり片づけたりしてください。
(但し、七輪に、水は絶対掛けないでください。)

七輪は使用中は 底が熱くなりますので 可燃物の上に直接置かないでください。
テーブルなど、変色変質することがあります。


■上付こんろの取り扱いについて

上付こんろの二次空気孔がつまっていないことを確認してから着火し、必ず、上付カバーを載せて使用してください。

■木炭こんろ、上付こんろ、いずれも商品に添付されているパンフレットをよく読んで安全にご使用ください。


●よくある問い合わせを掲載してあります。
ご参考にどうぞ。

★Q1.木炭コンロで練炭は燃やせますか?
★Q2、大勢でバーベキューしたいんだけど?
★Q3.コンロにヒビが入ったんだけど?
★Q4.どうやって着火すればいいの?


●A1.それぞれ専用のコンロを使用して下さい。
●A2.以下を目安にしてください。
ーバーベキュー「能登」角型大・5〜8人
ーバーベキュー「能登」角型小・2〜4人
ーバーベキュー「能登」丸型大・4〜6人
ーバーベキュー「能登」丸型小・3〜5人
●A3.内側のヒビは珪藻土の特性なので心配ありません。
●A4.一般的な方法です。
ー木炭編
戸口を全開にし、付属の火皿をセットしてください。
なるべく、燃えやすそうな(細くて小さめ)木炭を選び、新聞紙や市販の着火剤などを利用して着火してください。木炭に着火を確認したら、うちわであおいでください。

ー練炭編
戸口を全開にし、二次空気孔が、詰まっていないことを確認し、上付カバーをはずします。
練炭は、点火剤のついた方を上にしてコンロにセットし、マッチで点火してください。。。 炎がおさまったら上つけカバーを必ずのせて下さい。

 戻る
inserted by FC2 system